宇都宮「まさし」の餃子を広める

餃子の街、宇都宮出身です。

小さいときから餃子を食べています。

いつも決まったお店のを食べています。

 

しかしそのお店は宇都宮を代表するお店にもかかわらず

なぜかまったくと言ってもよいくらいガイドブックに載らない。

お店の方針として載せないのだろうか。

宇都宮市民としていろんなお店の餃子を食べたけれど一番おいしいと思うのに。

 

お店の名は「まさし」(正嗣)

http://www.ucatv.ne.jp/ishop/masashi/

 

ある日、実家からまさしの餃子(冷凍)が10人前届いた。

箱にして2箱。

 

これは誰かに広める機会だと思い、友人宅へひと箱持っていくことにした。

 

宇都宮市民として餃子を焼くところまでしたい。

美味しいものを美味しく食べてもらいたい。

宇都宮市民の代表として美味しい餃子を広めないといけない。

そんな緊張感を持ちつつ餃子を焼いたのは初めてだ。


餃子の箱に書いてある美味しい焼き方を熟読しつつ焼く。

写真のように無事に焼き上がり安心した。

付け合わせはさっぱりとしたものがいいと思った。

冷蔵庫を開けるとピーマンがたくさん。


ピーマンのお浸しだな。


ピーマンを歯ごたえが残るくらいに軽くゆでて鰹節、醤油をかける。

簡単で美味しい。お弁当にもよく入れる。

餃子とお浸しの2品だとちょっとさみしい。


再び冷蔵庫を開ける。

スナップエンドウを発見。


ピーマンとスナップエンドウ…ちょっと系統が被る。

違った味にしよう。


スナップエンドウも軽くゆでる。

すり胡麻とお味噌と砂糖で胡麻和えに。

とにかく宇都宮「まさし」の餃子を広めることが出来てよかった。

「まさし」の回し者ではないが旨いのだ。


そんな一日であった。