久しぶりの料理

このところ忙しくて料理らしき料理を作っていなかった。

ご飯を炊くだけで精一杯。

この一ヶ月、何を食べて生きていたのだろうか…。

まあ、生きているから何か食べていたのだろう。

 

記憶に残らない食事。

 

もったいない時間だ。

実にもったいない。

 

毎回、幸せな時を味わえるのに記憶がないとは。

 

久しぶりに友人宅へ行く。

物凄く久しぶりの料理なのでカンが鈍ってないか不安であった。

 


今日の冷蔵庫は「鶏肉」でした。

いろいろ野菜もある。

リクエストは寒いから何かあったかくなるもの。

 

鍋か?鶏汁か?

いや、スパイスだ。

 

スパイシー焼き鳥にしよう。

付け合わせの野菜もスパイシーにしよう。

 

スパイシー料理によく使うカレー粉がある。

これでカレーを作るとかなり美味しいカレーが出来る。

でもカレー以外にも使える粉。

 

インディアンカレーパウダー

 

成城石井やカルディで売っている。

イマイチなレトルトカレーに入れるとランクアップした味になるのも良い。

 

一口大に切った鶏肉にカレー粉、塩、コショウをかけ、よくなじませる。

よくなじんだら片栗粉をまぶし、なじませる。

 

フライドポテトのように切ったジャガイモ、

櫛形に切った玉ねぎにもカレー粉、塩、コショウをまぶす。

 

鶏肉から焼く。

鶏皮から油が結構出るけど取り除かない。

こんがり焼けたら皿に盛る。

 

鶏から出た油でジャガイモを揚げる。

最後に玉ねぎを透き通るまで焼く。

 

出来上がってみて気づいた。

茶色だ。

彩りがない。彩りも味の一部なのに忘れるとは。

カンが鈍ったのかもしれない。

肉料理の次は野菜。


人参、カブ、大根、ネギ、白菜、エノキ…。

いろいろある。


彩り、そしてスパイシーな味に合わせるさっぱりめのもの。


人参…そして白菜。


白菜は鍋か炒めものか漬物…和風な料理に使われることが多い。

でもマヨネーズにも合うのだ。

(マヨネーズは大体何にでも合うけど)


人参と白菜を細切りにして塩でしんなりさせ、出てきた水分をきる。

マスタード、マヨネーズ、ヨーグルト、砂糖、塩、コショウであえる。

今回はヨーグルトの酸味があるのでお酢は省略。


お皿に高く盛り付けるとそれなりにかっこよく見える。

最後は汁物。

汁物は何か工夫しなくてもあったかいからな。


冷蔵庫を再び覗いてみる。

カブの葉っぱだけ発見。


戸棚を覗く。

海鮮削り節を発見。


食材は中途半端な量のものから使いたい派。


スパイシーとさっぱりときたら中間な感じのもの。

主張しすぎずそれでいてダシの味があるもの。


海鮮削り節と細かく切ったカブの葉を入れ煮る。

出汁が出ているのでシンプルに塩で味付け。


…シンプルすぎる。あと一声足りない。


ごま油で風味づけ。


…まだ一声足りない。

カブの臭みが残る。


こんなときはスパイスの助けをかりる。

ラー油を発見。3滴ほど加える。


よし、これでよし。

久しぶりに料理するといろいろとカンが鈍っていることがわかる。

定期的に作ってないと駄目だな。


週末くらいはちゃんと作ろうと思いました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ひろみ (水曜日, 03 6月 2015 11:02)

    インディアンカレー粉どこで手にいれましたか?。

  • #2

    watanabe (水曜日, 03 6月 2015 11:03)

    インディアンカレー粉は成城石井かカルディで買っています。